出会い系サイトにいる誘導業者

優良サイトはサクラがいない物の、稀に紛れ込んでいる誘導業者がいます。
一見サクラのような動きをしていますが、実はまったく別なのです。

 

なので誘導業者は何をしているのか、その手口はどんなものなのか、どのように対策をすればいいのかなどを見ていきましょう。

 

 

誘導業者とは?

 

誘導業者とは、一般人になりすまして出会い系に紛れ込んでいる悪質なユーザーで、自社の悪質サイトに誘導しようとする人たちです。

 

優良の出会い系でも誘導業者が紛れ込んでいることが稀にありますが、圧倒的に非出会い系サイトに多いです。

 

サクラと同じような動きをするため、一見サクラと思ってしまう人がいると思いますが、でも実際はまったく別物なのです。

 

サクラは出会い系の運営側が雇っている社員やバイトのことが多いですが、誘導業者というのは出会い系の運営者とはまったく関係ないんです。

 

 

 

誘導業者の手口とは?

 

女性を装って他のアプリ・サイトに誘い込む

 

出会い系で女性を装い、自分たちの運営している悪質なアプリやサイトに誘い込もうとしてきます。これは誘導業者であれば、当然の行動です。

 

スーツ女5

自分好みの可愛い女性に「こっちのサイト・アプリの方が使いやすいからこっちでやり取りしよう」とか「こっちで日記とか書いてるから良かったら見てね」などを言われると、つられて登録したくなってしまうかもしれませんが、これが誘導業者の手口なので、このように他のアプリやサイトに誘われた時は絶対に登録してはいけません。

 

もしもURL付きで誘ってくるのであれば、間違いなく誘導業者なので、騙されないでください。
また一般の女性であれば、他のアプリやサイトに誘ってくることはないので、誘われた時点で怪しいと思った方が良いでしょう。

 

 

直のやり取りで積極的

 

ほとんどの出会系では、女性は無料で使うことが出来るので、男性にLINEやメールアドレス、電話番号をすぐに教えません。
警戒心が強いので、安全と思わなければ教える事はまずないでしょう。

 

出会い系で連絡先を交換するには、男性の頑張りで、話が盛り上がってある程度仲良くなってからではないと無理です。

 

スマホを見て顔をしかめる男

 

それが当たり前なのに、知り合ってスグに女性から連絡先の交換を求めてくると言うことはまずないので、とても怪しいです。
このような行動をする女性は、誘導業者の可能性が高く、これに騙されて教えてしまうと個人情報を盗まれてしまいます。

 

個人情報が盗まれると、迷惑メールなどが大量に来るようになるので注意しなくてはいけません。

 

誘導業者は連絡先の交換を求めてきますが、サクラや冷やかしは連絡先の交換をしたがらないというのが大きな違いでしょう。

 

 

どのような対策をすればいいのか

 

優良の出会い系であれば、電話番号認証や年齢確認がしっかりされているので、誘導業者が紛れ込むことは稀です。

スーツ女3

また管理もしっかりしているので、誘導業者を見つけたらすぐに強制退会させるので、誘導業者に遭遇することはめったにないでしょう。

 

一方無料の出会系や審査の緩い出会い系だと、審査も管理もしっかりしていないので、誘導業者がたくさん紛れ込んでいるので、誘導業者に遭遇する可能性がとても高いです。

 

なので1番の対策法は、大手優良の出会い系と使うということです。
優良の出会い系を使っていれば、誘導業者がいたとしても少ないので、比較的安心して使うことが出来ると思います。

 

 

まとめ

 

何度も言いますが、優良の出会い系であっても誘導業者が稀に紛れ込んでいるので、絶対にいないとは言えません。

 

スーツ男1

誘導業者の手口を知ることで、いざ遭遇した時に騙されずに済むと思うので、覚えておくといいでしょう。

積極的にやり取りをしてくる女性、他のアプリやサイトに誘ってくる人は誘導業者の可能性が非常に高いので、注意しなくてはいけません。

 

このように自分が警戒して注意をしていれば騙される確率が低くなると思うので、警戒をしながら使うといいでしょう。

 

またよくわからない出会い系を使うのではなく、大手の優良出会い系を使っていれば、誘導業者も少なく、比較的安心して使うことが出来ると思うので、出会い系選びも慎重に行うようにしてください。